小さな声でいいから

=> ホーム日本を護ろう > 小さな声でいいから 

小 さ な 声 で い い か ら


こころのなかで、そっと「シナ」って言ってみる。
簡単に言える。
そしたら次に、小さな声でいいから、ためしに「シナ」って口に出してみる。
わけなくできる。
それができたら、家族や仲のいい友人の前で「シナ」って言ってみる。
友人は笑って言うかもしれない。
「お前、石原シンパかよ」
大丈夫、問題ない。
こころの中に少し力が湧いてくる。


こんどは少し広い世界で試してみる。
学校のクラスメートや職場の同僚の前で、「シナ」ってさりげなく言ってみる。
大丈夫、できるさ。
「だめだよ、シナは差別語だよ」と言う人もいるかもしれない。
大丈夫、「シナ」は差別語なんかじゃない。
中には、「えっ」という顔で君を見て、
でも同じように「シナ」と返してくれる人もいるかもしれない。
そしてだんだんと「シナ」と言う事に抵抗がなくなってくる。
大丈夫、世界の人達はそう呼んでいるんだから。
こころを縛りつけていた「鎖」が緩みはじめ、そして外れる。
鎖の落ちる「ガチャン」という音が聞こえる。


戦後日本を縛ってきた「鎖」は、実はぼくたち一人一人のこころの中にあるんだ。
だから一人一人が自分の中の鎖を断ち切らなくちゃいけない。
それははじめはとても難しく思えるけれど、一人、二人と鎖が切れていくにつれて、
だんだんやさしくなっていく。百人、二百人と増えて行くにつれて、どんどん
やさしくなっていく。そして「シナ」と言うことが当たり前になる時が来る。
そしてきっとこんな風に思う時が来る。
「それで、なんでぼくは今まで、あんなふうに鎖に縛られていたんだろう」
その時はじめてぼくたちは、「言葉狩り」というものの本当の恐ろしさに気づくんだ。
「狩」られていたのは「言葉」なんかじゃなかった。狩られていたのは、


ぼくたちのこころだったんだ。


[2013/2/3]

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

[広告] 自筆履歴書も履歴書猿人で作ろう!

履歴書猿人 は自筆履歴書作成の強力な味方です。 ワンランク上の機能でみなさまの就職活動をサポートします。 もちろん無料、登録不要です。

=> ホーム日本を護ろう > 小さな声でいいから 
国籍法違憲判決の問題点 | 田母神氏講演会事件の深層 | シナ(支那)を「中国」と呼んではいけない三つの理由 | 「『支那』の語源についての考察」についての考察 | 民主党売国日誌 |小さな声でいいから
Copyright 2013 Shigio YAMAGUCHI. All rights reserved.